So-net無料ブログ作成

示談内容と示談書 [示談]

示談の内容を決める際は、いくつかの点に注意する必要があります。

示談内容で最も重要な項目は、「損害賠償金額」です。
トラブルとならないためにも、基本的に「金○円」と一意的に決める必要があります。

損害賠償金を支払う方法にも注意することがあります。
どんなに高い損害賠償金額が決められたとしても、実際の支払いがなければ全く意味がありません。
そのためにも、支払い期日はきっちりと明確に決めておく必要があります。

また、もっとも確実な支払い方法は、損害賠償金の全額を一括で支払ってもらうことです。
加害者が加入している保険会社から支払われる場合は、たいてい一括で支払われますが、加害者本人から直接受け取る場合でも、一括で支払ってもらうようにしましょう。

余儀なく分割払いとなった場合は、できるだけ確実に分割金が支払われる方法を考える必要があります。
頭金を大きい額にしましょう。
資金力のある保証人を付けましょう。
支払いが怠った場合は、すぐに加害者の財産から、強制執行手続きによって、取り立てられるようにしておく必要があります。
そのために、示談書を強制執行認諾文言付き公正証書で作成するようにしましょう。

示談書の形式については、法律で定められていません。
しかし示談書は、被害者に対して、加害者が損害賠償金の支払いを約束するものです。
だから、後でトラブルが起きた場合など、示談書の内容は、非常に重要な証拠として扱われます。

自分で示談書を作成するのが不安な人は、専門家に相談してみましょう。

花粉症 頭痛| たるみの原因・解消| アトピー 症状| たるみの原因・解消| レセプト 点検|

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。